ホストやキャバクラの役割とは? > ホストでの仕事に向いている人、向いていない人
目次

ホストでの仕事に向いている人、向いていない人

ホストを仕事にするにはどのような人が向いており、どのような人が向いていないでしょうか。
ルックスや女性への対応力など求められる条件がある一方で、他の多くの仕事と同様にホストにも向き不向きがあります。

何よりもまず人と接するのが大前提の仕事ですから、人間嫌いであったり対人関係を面倒臭いものと考えていたりする人には向いていないと言えます。
来店する女性は年齢も性格も様々ですから、どんな女性であっても同じように対応する力、満足させる力が必要になります。
他人とのコミュニケーションを疎ましく考えてしまう方にそういう能力は身につかないでしょう。
ただし、人間嫌いの性格を克服しようとあえてホストという厳しい業界に飛び込もうという気概のある人は向いているかもしれません。

やる気も重要な要素です。
最近は仕事はお金を稼ぐ手段であって人生の意義やモチベーションの大半をプライベートに感じる、求める人が増えてきています。
それだけならまだしも仕事に何の価値も感じない、仕事中は無気力である、という若者も多いようですが、そういう人はホスト向きではありません。
モテたいだけでホストをやる人もいますが、これも長続きしないケースがほとんどです。
仕事そのものに真摯に向き合い、仕事で収めた成果や結果からまた次へのやる気やモチベーションを日々醸成できる人が向いていると言えるでしょう。
上昇志向の人間が多く競争の激しい業界なので、単にモテたい、給料が入れば仕事は何でも良い、などの生半可な気持ちでは続かないのです。

また社会人として当然のことですが、時間や約束を守れない人は向いていません。
ホストはお客様と人間関係を築いてそれがお金となる仕事ですが、人間関係は信頼をベースに構築されるものです。
特に女性との約束をちゃんと守ることができない、時間に遅れがち、など他人との関係において適当な対応ばかり重ねてきた人は、ホストに挑戦する前に自分の性格を見直した方が良いでしょう。

さらに、向上心を持ち高い目標意識がある人はホストに向いています。
ホストは優れた成績を収めてお店で一番のキャストになれれば繁華街でも有名な存在になり、テレビ出演や講演会など活躍の幅が広がることも珍しくありません。
高い給料を稼ぐことでも有名になることでも構いませんが、目標を具体的に持ってそれを達成することにモチベーションを感じることができ、またそのために必要な努力を惜しまないという人が求められる仕事です。